御殿場駅でD52鑑賞、御殿場→国府津→品川へ【青春18きっぷで大津→東京東海道線 (旧線) の旅②】

御殿場駅で途中下車し、周辺を散策しました。国府津駅東海道線に復帰し、グリーン車で東京まで移動しました。

 

御殿場駅周辺を散策

f:id:tyoutyouuo:20190218221225j:plain

(JR東海313系小田急MSEが並ぶとなんだか不思議な風景ですね、地元の方にとっては日常風景なのでしょうが)

 

御殿場駅にはJRの車両だけでなく、小田急60000形電車 (MSE) も停まっていました。MSE とは Multi Super Express の略だそうです。東京メトロ千代田線にも入線するので Metro の意味も込められているかもしれません。この日は MSE が複数編成停まっていました。年末年始の繁忙期だからなのか、日中は御殿場駅で待機するのが普通なのかよくわかりません。

御殿場駅みどりの窓口では、MSE の指定券を買おうとしているお客さんが駅員さんともめていました。みどりの窓口では MSE の指定券や小田急線内のきっぷは発券できないようです。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218221437j:plain

(新橋浅間神社の鳥居)

 

駅から歩いて10分程度のところに浅間神社があるということなので行ってみることにしました。浅間神社というと富士山を祭る神社ということになるそうです。御殿場駅近くの浅間神社は、新橋浅間神社という名前で、源頼朝が創建したとも言われている歴史ある神社です。なるほど、建物の合間から富士山の姿を見ることができました。昔はもっとはっきりと見えたのでしょう。境内の公民館 (兼 社務所) で御朱印をもらえると聞いていたのですが、残念ながらこの日はお休みでした。年末年始あるあるですね…。神社にお参りをして駅前に戻ります。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218221559j:plain

(赤間神社境内の池にはコイが悠然と泳いでいました)

 

御殿場駅の駅前には「ポッポ広場」が整備されており、SL D52 が1両展示されています。D52形蒸気機関車は、D51の後継として、幹線の貨物牽引用に設計された機関車です。一方で、製造前に太平洋戦争を迎えたため、「走ればよい」という戦時設計が取り入れられ、設計上は高出力でありながら、実際には本来の出力を発揮できない機関車が多くありました。御殿場線には戦後になってから転属し、高出力を生かして急勾配を登り、貨物列車や旅客列車を牽引しました。

ポッポ広場のD52 は運転台に上れるようになっており、中を観察することができました。様々な角度から写真を撮っていると、予定の列車の時刻が近づいてきたので、御殿場駅に戻ることにしました。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218221847j:plain

 (ポッポ広場に展示されているD52)

 

f:id:tyoutyouuo:20190218222026j:plain

(D52は黒光りする車体が頼もしいです)

 

・御殿場→国府津→品川

 16:22御殿場駅発。乗車したのはまたもや313系電車でしたが、今回の編成はワンマン運転に対応しているほか、座席が一部ボックスシートになっていました。ボックスシート東海道本線313系では見られないので、はじめてお目にかかりました。車内は満杯で、私も国府津駅まで立って移動しました。17:14国府津駅着。

 国府津駅では5分の乗り換えです。ここから東海道線の普通電車に乗れば、あとは品川まで一気に移動できます。また、グリーン車を連結しているので、快適に過ごすことができます。今回もグリーン車を利用しようと、ホーム上のグリーン席券売機でSUICAに書き込みをしました。17:19国府津駅発、列車に乗ってみると、なんとグリーン車満席になっていました。通勤ラッシュ時は満席になることもあると聞いていましたが、私は帰省のときぐらいにしか利用しないので、実際に満席のグリーン車に遭遇するのは初めての経験でした。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218222255j:plain

(今回のグリーン席はほぼ満席状態でした)

 

 仕方なくデッキに立っていましたが、茅ケ崎駅で運よく座席を確保することができました。このようなときはやはり、始発駅から乗って確実に座席を確保するのがよさそうです。リクライニングシートで旅の疲れを癒し、18:21品川駅着。ここから山手線に乗り換えて、自宅に帰りました。

大津から普通列車最速乗換で沼津へ、沼津から東海道線旧ルートで移動【青春18きっぷで大津→東京東海道線 (旧線) の旅①】

大津から東京まで、青春18きっぷを使って移動しました。今回は御殿場線を経由し、明治から昭和初期までの東海道線をたどってみました。

 

・大津→米原豊橋

f:id:tyoutyouuo:20190218214538j:plain

(大津駅から221系普通電車に乗車)

 

 大津からは8:11発の新快速に乗る…予定でした、が、寝坊して乗り遅れてしまいました。実家にいるとつい気が緩んでしまいますね (はい、言い訳です)。仕方なく後続の8:16発の普通電車に乗車しました。琵琶湖線ではおなじみの221系電車での運転です。この区間は新快速でさっさと移動することが多いのですが、今回はのんびりとした旅路です。約1時間電車に揺られて、9:16米原着。米原駅の直前で新幹線に追い抜かれました。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218214706j:plain

(今日1日で何本もの新幹線に追い抜かれてしまいます)

 

 米原からは9:18発の特別快速に乗り継ぎです。もともとの旅程では8:55に米原に着いて、20分の余裕があるはずでしたが、それが2分まで縮まってしまいました。乗り換え時間が少なく焦りましたが、何とか間に合いました。また、先に到着した新快速からの乗り継ぎ客で、車内は大混雑でした。ともあれ、これで元々の旅程に復帰することができました。旅程を組むときに余裕を持たせておいて正解でした。

この特別快速に乗ると一気に豊橋まで行くことができます。米原―大垣間は折り返し電車が多いですが、一部は直通電車も運転されています。今回はその直通電車に乗って、快適に移動しようと考えたわけです。それだけに確実に座席を確保しておきたいところでした。元々は、9:16米原駅着の普通電車からの乗り継ぎ客よりも早く着いて座席を確保するために、1本速い電車にしていたのですが、寝坊してその普通電車に乗る羽目になり、座席争奪戦に巻き込まれることになってしまいました。とはいえ、なんとかクロスシートの通路側を確保することができました。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218214932j:plain

(だんだん晴れてきました)

 

滋賀県内は曇り空でしたが、名古屋を過ぎたあたりで晴れてきて、三河地方に入る頃にはすっかり良い天気でした。11:27豊橋駅着。2時間と少しで、岐阜県と愛知県の大半を走り抜けることができました。東海道線の特別快速は素晴らしい走りです。

豊橋駅は、特別快速から吐き出された乗客でものすごい混雑でした。この日はUターンラッシュの日に当たっていたようで、要所要所でこのような混雑に出くわしました豊橋―浜松間も、米原―大垣間と同じく、基本的に折り返し運転です。この辺りは通勤通学圏の境界にあたっているのでしょうか。豊橋からは快速がなくなり、ここから熱海まで、基本的に普通列車のみの運転となります。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218215158j:plain

(豊橋駅は大混雑でした)

 

豊橋からの普通電車は早めに入線してくることが多いです。今回もそのパターンで、211系電車が早めに入線してきました。また、運よくクロスシート車だったので、出発前に昼食を食べることにしました。腹ごしらえが済むとともに出発、11:42豊橋駅発。

この辺りはよく晴れていて、往路に続いて復路でも美しい浜名湖を眺めることができました。浜名湖を過ぎるとすぐに浜松です。12:15浜松駅着。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218215447j:plain

(浜松までも浜松からも211系電車でした)


浜松からは再び211系電車に乗車。この辺りは313系が多いはずですが、珍しく211系が続きます。12:27浜松駅発。この電車は興津行きでしたが、途中の島田駅で後続の島田駅始発の電車に乗り換えることにしました。興津駅でこの電車に乗り換えることできますが、そうすると座席が埋まっているかもしれません。始発駅から乗っておくことで、座席に座っていられる区間を伸ばすことができるというわけです。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218215607j:plain

(島田駅にて313系電車に乗り換え、始発駅からの列車に乗車することで確実に座席を確保します)

 

島田駅には13:12に着いて、13:25に出発。島田駅始発の電車は313系でした。満を持しての登場ですね。この辺りは、焼津、静岡、清水など大きな駅がいくつかありますが、いずれも降りたことがある駅なので、今回はスルーします。静岡県を抜けるのはあと少しというところの沼津駅で、御殿場線に乗り換えることにします。14:49沼津駅着。大津からここまで普通列車で移動した場合の最速乗換でやってきました。疲れがたまってしまいました。いつもなら間で途中下車して観光がてら休憩するところなのですが…。今回は御殿場線に乗車しようと考えていたのです。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218215805j:plain

(沼津にて御殿場線に乗り換え、ここまで普通電車による最速乗り継ぎでした!!)

 

・沼津→御殿場

 沼津―国府津間の御殿場線は、前線を通して単線であり、ローカル線の雰囲気が強い路線です。しかし、1889年の開業当時は東海道線の一部として開業しており、当初は幹線として整備されました。もともと、東海道は小田原、三島、沼津へと至る通るルートでしたが、当時の技術では箱根の外輪山を超えるのが難しく、これを迂回するルートとして御殿場線ルートが計画されました。ちなみに、東海道線が小田原を迂回したことで地域住民から小田原の衰退を危惧する声が高まり、小田急小田原線の計画が起こる一因になったとも言われています。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218220105j:plain

(小田急線は、今や御殿場にも乗り入れています)

 

御殿場線ルートは山越えの区間であり、明治・大正時代の機関車では馬力に限界があり、輸送のネックになっていました。そのため、下り列車は国府津駅で、上り列車は沼津駅で補助機関車の連結を行い、途中の御殿場駅で補助機関車を切り離すという運転形態をとっていました。これにより、これらの駅には多くの列車が停車するようになり、これらの駅は鉄道の街として大きく栄えることになりました。また、補助機関車にはその時代ごとの最強馬力の機関車が当てられました。

 この抜本的な解決策として、山を越えるのではなく平坦なルートを通るバイパス線が検討され、熱海付近に丹那トンネルが建設されることになりました。丹那トンネルは1918年に着工され、42名もの犠牲者を出しつつ、16年にわたる難工事の末、1934年に完成しました。丹那トンネルの開通と共に、東海道線は現在のルートに替わるとともに、輸送障害は解消されました。同時に、旧東海道線は御殿場線と名前を改め、区間運転を行うことになりました。太平洋戦争中は不要不急路線に指定されて、鉄材を供出するために複線の線路のうち片方が撤去されて単線化され、そのまま現在に至っています。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218220503j:plain

(御殿場線でも313系に乗車)

 

 前置きが長くなりましたが、御殿場線の普通電車は15:01に沼津駅を出発しました。沼津駅を出てから少しすると、富士山が迫ってきます。御殿場線は、富士山の外縁を回るようにして高度を上げていきます。30分ほどで御殿場駅に到着します、15:35御殿場駅着。

 

f:id:tyoutyouuo:20190218220652j:plain

(身延線の富士山もよいですが、御殿場線の富士山も美しいものです)

 

大阪→東京「サンライズ出雲・瀬戸」乗車記

サンライズ出雲・瀬戸は上りのみ大阪駅に停車します。0:34大阪駅発、7:08東京駅着は大阪発東京行の最終便、かつ1番列車です。夜行バスも含めると5時代や6時台に到着する便もありますが、その場合は大阪をかなり早く出発しなければなりません。このように大阪→東京のサンライズはビジネス利用に最適ですが、乗客の大半は観光利用なのが実情です (大阪→東京に限ってはビジネス利用もあるかもしれません)。

f:id:tyoutyouuo:20190211183522j:plain

(285系サンライズエクスプレス。東京駅にて)

続きを読む

浜松から大津まで、快速電車で行くクロスシート車の旅【青春18きっぷで帰省、東海道本線をのんびり鉄道旅③】

前日は浜松に1泊し、移動の疲れを癒しました。この日は浜松を出発し、豊橋、名古屋、大垣、米原、大津と移動しました。名古屋では途中下車し、6時間ほど滞在しました。1泊かけて帰省したおかげで、いろいろなところで途中下車することができました。

f:id:tyoutyouuo:20190128231017j:plain

(221系電車、撮影した膳所駅は雪がちらついていました)

続きを読む

金谷から浜松へ、浜松にて宿泊しました【青春18きっぷで帰省、東海道本線をのんびり鉄道旅②】

大井川鉄道での観光を終えて、金谷駅から浜松駅に移動しました。この日は浜松に宿泊し、次の日の移動に備えました。帰省を1泊かけて行うのは初めての経験です。

f:id:tyoutyouuo:20190128225248j:plain

(6両編成の普通列車、通勤需要への対策でしょうか)

 

tyoutyouuo.hatenablog.com

tyoutyouuo.hatenablog.com

tyoutyouuo.hatenablog.com

続きを読む

東京駅から普通電車で金谷へ【青春18きっぷで帰省、東海道本線をのんびり鉄道旅①】

 2017年の年末、2018年のお盆に続き、今回も青春18きっぷで東京から大津まで帰省しました。今回、往路は浜松にて1泊したので2枚の青春18きっぷを使用しました。1枚当たり2370円のきっぷなので、2枚使うことで節約効果は薄れますが、新幹線だと1万円以上かかるので、これでも十分節約になるでしょう。途中金谷で大井川鉄道を観光したり、浜松や名古屋で友人に会ったりして、充実した旅になりました。

 

f:id:tyoutyouuo:20190128223619j:plain

(新幹線で帰省するのも便利なのですが…)

続きを読む

参宮線、紀勢本線、関西本線、草津線、東海道線を経由して伊勢市から大津へ【青春18きっぷで伊勢神宮参拝③】

伊勢神宮からの帰り道は、往路と同じく参宮線伊勢市多気紀勢本線多気→亀山、関西本線で亀山→柘植、草津線で柘植→草津草津からは東海道線に乗車しました。津駅では、特急「ワイドビュー南紀」を待った結果、予定の列車より1本遅れることになってしまいました。

f:id:tyoutyouuo:20190115225825j:plain

(113系電車、草津駅にて)
続きを読む